広重美術館【歌川広重の浮世絵が伝える江戸の風趣】

広重美術館

 江戸の浮世絵師・歌川(安藤)広重の美術館。幕末、天童藩織田家は広重に依頼し、多くの肉筆画を描いてもらいました。この一連の作品群は現在「天童広重」と呼ばれています。こうした天童と広重のかかわりを紹介するとともに、初代〜五代広重をはじめ幕末の絵師たちの浮世絵版画を、毎月テーマをかえて展示しています。

住所 天童市鎌田本町1−2−1
TEL 023−654−6555
開館時間 4月〜10月9:00〜18:00、11月〜3月9:00〜17:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 火曜日(休日の場合その翌日)、展示替期間
入館料 一般600円、高・大学生400円、小・中学生300円
URL 広重美術館 Official site

新型コロナウイルスの影響により、県内の文化施設は大変厳しい状況が続いています。山形県内の文化施設を応援してください!
応援していただける方はこちらをクリックお願いします。

文化振興・文化財課が実施する事業及び県内の文化の振興及び文化財の保存・活用に関する情報を発信しています。
【facebook】https://facebook.com/pref.yamagata.bunka/
【Instagram】http://Instagram.com/pref.yamagata.bunka
【Twitter】https://twitter.com/pref_ybunka